So-net無料ブログ作成
検索選択

グレートバリアリーフで学んだこと  [その他いろいろ]

ダイビングの講習で初めて海に潜ったのは
オーストラリアのケアンズ、グレートバリアリーフ(GBR)。

オープンウォーター講習で潜った場所は
10メートルもない深さだったけど
見上げると、魚の群れが水面近くを横切っていって
ぼーーーっと見上げていたら、インストラクター
YOKOさんに心配されてしまいました(;´∀`)

とっても不思議でシアワセな気分…
いまでも水面を見上げるのは大好きです。

一番印象に残っているのは
「GBRに潜るダイバーグローブをしてはいけない」
とルールがあるということ。

グローブはダイバーの手を守ってくれるけれど
グローブをつけているダイバーは、サンゴや水中の生物に
無遠慮に触ってダメージを与えてしまうから。

つまり、GBRでは

自然 > 人間

なわけです。

インストラクターYOKOさん曰く、

 人間の傷はすぐ治るけど
 サンゴが1センチ折れたら
 もとに戻るのに10年かかるんだよ!


実際にグローブをつけるつけないという問題ではなくて
(つけてた方が安全ではあるので)
人間は海の世界にお邪魔させてもらってる身なので
海の環境を壊さないよう配慮するべし、
という気持ちが大切なんだよな、と思いました。


今度、海に潜るときにでも
ちょっと思い出してもらえると嬉しいです(^^)



→ 

↓今からダイビングを始める方はコチラ☆


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。